A6020A40タッチパネル(ブラック),携帯電話のタッチスクリーン交換,(Color,895円,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 光エレクトロニクス製品,K5,Gold),/,/baxtone264772.html,www.voniaheadsets.com,/,レノボバイブK5,: 携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 K5 A6020A40タッチパネル : 2020モデル Gold ブラック Color 携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 K5 A6020A40タッチパネル : 2020モデル Gold ブラック Color A6020A40タッチパネル(ブラック),携帯電話のタッチスクリーン交換,(Color,895円,産業・研究開発用品 , エレクトロニクス部品 , 光エレクトロニクス製品,K5,Gold),/,/baxtone264772.html,www.voniaheadsets.com,/,レノボバイブK5,: 895円 携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 / K5 / A6020A40タッチパネル(ブラック) (Color : Gold) 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 光エレクトロニクス製品 895円 携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 / K5 / A6020A40タッチパネル(ブラック) (Color : Gold) 産業・研究開発用品 エレクトロニクス部品 光エレクトロニクス製品

携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 K5 A6020A40タッチパネル : 2020モデル Gold 贈り物 ブラック Color

携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 / K5 / A6020A40タッチパネル(ブラック) (Color : Gold)

895円

携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 / K5 / A6020A40タッチパネル(ブラック) (Color : Gold)

商品の説明

エレクトロニクス/携帯電話および付属品の交換
商品について
レノボバイブK5 / K5 / A6020A40 1.交換用タッチスクリーン。
2.壊れた、古いを交換し、1を損傷し、割れました。
お使いのデバイスの外観は、これまで以上にリフレッシュしてください3。
4.完全にフィットして、仕事。
5.各項目は、出荷前にチェックされ、良好な状態でされています。
6. Professionalのインストールを強くお勧めします。スクリーンが設置されると、私たちは責任を負いません。

インストール時の注意事項の前に
1.ヒント1:インストールの前にテスト
テストする場合は、任意の保護フィルムやタグを削除しないでください。静電気の問題に注意してください。
任意の修復を試みる前に、あなた自身がESD(静電放電)のストラップで必ず接地してください。これは、携帯電話内の電子部品に損傷を与えることから静電気を防止します。
あなたは目の保護具を着用することを確認し、ガラスの破片で指を切らないよう注意してください。
2.ヒント2:シミュレートテスト
スクリーンの交換は非常に壊れやすい製品です。私たちは強く、インストールする前にテストを示唆しています。くださいシミュレート離れて携帯電話を意味試験、(マザーボード+ LCD又はスクリーン)、オーディオケーブルと新しい交換を接続し、電源投入、テストが終了しました。テストOKなら、それをインストールしてください。それは表示できない場合は、非常に最初の時間にご連絡ください。そして、携帯電話にインストールされるようにそれを強制しないでください。スクリーンが設置されると、私たちは責任を負いません。
3.ヒント3:しない過曲げケーブル
必ずLCDケーブルのない過剰曲げをしてください。90度以上曲がっては、黒表示の原因となります。

携帯電話のタッチスクリーン交換 レノボバイブK5 / K5 / A6020A40タッチパネル(ブラック) (Color : Gold)

無表情な曇空がどこまでもつづく日曜の午後。15時40分、二階建ての小さな建物を改装したそのギャラリーに辿り着くと、長方形をした小部屋の壁面に「ráɪt」の文字をかたどったネオン管とシンプルな白の掛け時計が設置されていた。
ネオン管はコードでつながれているが灯りが点っておらず、秒針をはずされた掛け時計は少し先の時刻である15時50分を指したまま時が止まっている。照明器具としての機能を停止させた空虚なネオン管と、長針も短針も微動だにせず無用のオブジェと化した時計。1階に設えてあるのはそれぞれ《ráɪt》《15:50》と題されたこれら二つの作品のみで、空間の白さと要素の少なさが静態的な場を演出している。

» すべて読む


 

» すべて読む


» すべて読む


東間嶺『行為と場所の記憶/記憶---〈引込線/放射線〉』展示風景(撮影:東間嶺)

» すべて読む

» すべて読む


 

» すべて読む



東間嶺×吉川陽一郎(&開)オープン・スタジオ・イベント『TORIGOYA』フライヤー表面

» すべて読む


 

» すべて読む

NEW POST
関連本
CATEGORIES
MONTHLY
2013 [+]